デビルサバイバー2【サンプルデータ実践値7654件】天井・ゾーン解析

デビルサバイバー2©オリンピア

デビルサバイバー2 最後の7日間
サンプルデータ実践値7654件による
天井・ゾーン解析です。
公表値から深く掘り下げます!

  • ゲーム数による当選率の推移は?
  • 天井到達ゲーム数は?
  • 実践値参照の際の注意点

詳細は以下をご覧ください。

デビルサバイバー2
サンプルデータ実践値7654件

サンプルデータ実践値の振り分け

デビルサバイバー2 実践サンプルデータ振り分けテーブル

※1〜10Gまでの当選を除外
※初回の当選を除外
※サンプルデータ数7654件

独自に集計した初当たり当選データ
24133件の中から、
朝一初回の当選及び10G以内の当選を除外した
7654件の初当たり当選サンプルデータを
当選ゲーム数別にまとめました。

CZやATの抽選は
データ機のゲーム数カウントではなく
液晶に表示されている
ポイント数に応じて行われるため、
ゲーム数だけでは十分な情報が得られません

ポイント獲得抽選の詳細がわかれば
ゲーム数依存のデータでは無く
ポイント数依存のデータによる
近似的な解析ができるようになります。

サンプルデータを活用した
狙い目や天井狙い期待値の詳細なども
ポイント依存の数字でないと
実際に使い易いデータとはなりません。

現状はゲーム数による解析しかできないので
それを参考に全体像を予想するに留まります。

サンプルデータの特徴

ゲーム数による
初当たり実践サンプルデータをみると
ゲーム数が深くなるにつれ
当選率が上昇していることがわかります。

これは消化したゲーム数が多いほど
上乗せ獲得したポイントが多いことと
CZスルー天井の存在が原因であると思われます。

200pt毎にCZ抽選と
500pt毎にAT抽選がありますが、
サンプルデータを見る限りは
目立ったメリハリは無いので
それほど高い当選率では無いようです。

当選率の上昇率を除いて
ポイント依存で考えると、
当選率は比較的一律に近い状態
になっていると予想できます。

天井到達の考察

1000G付近から
当選率がさらに急上昇しているのは
この当たりから天井である2000pt
到達しているサンプルが増え始めている
ものと予想されます。

1000G以上で当選しているデータは
7654件762件と約10%ほどあります。

1500Gハマり程度は複数確認できるので
この辺りが現実的な
最深ゲーム数になると思われます。

“デビルサバイバー2【サンプルデータ実践値7654件】天井・ゾーン解析” への1件のフィードバック

  1. […] 参考:デビルサバイバー2【サンプルデータ実践値解析】 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

サイト運営者

こうへいプロフィール

管理人のこうへいです。

元計算力学解析技術者のスロット解析マニアです。
スロで稼ぎたい人・スロプロは必見の解析をお届けします。

詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

このページの先頭へ