吉宗極【天井恩恵・スペック】徹底解析

吉宗極©DAITO

吉宗〜極〜
天井恩恵・スペック徹底解析です。
公表値から深く掘り下げます!

  • 天井ゲーム数と天井の恩恵は?
  • ATの概要・期待枚数
  • 通常の吉宗との比較

詳細は以下をご覧ください。

吉宗極 スペック解析結果

基本スペック
機械割 96.17%
コイン持ち 31.67G/50枚
AT純増 2.8枚/G
当選確率
ボーナス確率 1/408.2
AT初当たり確率 1/1452.3
ボーナス+AT合算 1/318.7
平均期待枚数
BIG初当たり 700枚
REG初当たり 150枚
AT初当たり 1400枚
天井ゲーム数

1400G+前兆

天井恩恵

1000G以降のボーナスはBIG確定

※値は設定1のもの
赤字は解析値

以前の吉宗の別スペックバージョンで、
基本的に筐体や演出などは同じですが
出玉の荒さはかなりの別物となっています。

擬似ボーナスやAT当選に関するシステムや流れは
基本的には従来の吉宗と同じなので、
その点では特に戸惑うことはないと思います。

どのようにスペックが変更されているかは
下記をご覧下さい。

従来吉宗からのスペック変更点

従来の吉宗と比較して
全体的な変更点を表現すると、
初当たりが重いかわりに
当選時の期待枚数が多い
というスペックになっています。

詳細は以下の通り。

吉宗極のスペック変更点
ボーナス確率 1/252.7 1/408.2
AT初当たり 1/541.7 1/1452.3
最大天井 999G 1400G
BIG初期枚数 200枚 320枚+特化ゾーン
AT初期ゲーム数 40G 80G
極大盤振舞 性能強化
将軍RUSH 性能強化
天井恩恵 なし → 1000G以降BIG確定

注目するべきは、
以前の吉宗には無かった
1000G以上のボーナスが
BIG確定となる点でしょうか。

BIGボーナスの期待枚数は約700枚
かなり強化されていることに比べ、
REGボーナスの性能は強化されていません。

ただしREGはBIGに昇格する(昇格時はATも確定)
仕様があるので、BIGやATが強化されている分
REGの期待枚数も一応は多くなっています。

つまるところBIGとREGの出玉のギャップ
かなりのものになっているので、
1000G以降のBIG確定という恩恵は
出玉に関してはかなり優秀だと言えます。

初当たりが重くなったことと
最大天井が深くなったことによって
当選分布も従来の吉宗とは異なるはずなので、
そちらは別記事の実践サンプルデータ振り分け
からみていきたいと思います。

天井期待値は
スペックの変更点と
実践サンプルデータ振り分けを
加味して解析していきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

サイト運営者

こうへいプロフィール

管理人のこうへいです。

元計算力学解析技術者のスロット解析マニアです。
スロで稼ぎたい人・スロプロは必見の解析をお届けします。

詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

このページの先頭へ