麻雀物語3【天井恩恵・スペック】徹底解析

スロット麻雀物語3©オリンピア

麻雀物語3スペック徹底解析です。
公表値から深く掘り下げます!

  • 基本的なスペック
  • AT突入時の期待枚数
  • AT概要

詳細は以下をご覧ください。

麻雀物語3 スペック解析結果

基本スペック
機械割 96.5%
コイン持ち 47.4G/50枚
AT純増 2.9枚/G
当選確率
AT初当たり確率 1/530.2
平均期待枚数
AT期待枚数 484枚
天井ゲーム数
通常 1500ゲーム+前兆
天国 150ゲーム以降のレア小役成立
天井恩恵
  • 通常のATに当選

※値は設定1のもの
赤字は解析値

ATタイプの麻雀物語シリーズ続編です。

AT確率は約1/530.2と、相当重たいです。

ただその分コイン持ちが非常にいいのも
特徴となっています。(47.4G/50枚)

そのためAT当選までの平均投資枚数は
560枚ほどと、AT確率のイメージと比べると
それ程重たいわけではありません。

期待枚数が投資枚数に対して少ないのは、
AT当選一回に必要なゲーム数が多いことと
機械割が低いことが大きく影響しています。

AT当選のメイン契機は、
CZ経由からの当選とレア小役からのAT直撃
となっています。

しかし規定ゲーム数(400,800,1200ゲーム)に到達すると、
CZ抽選の高確率状態に移行するので
ここがゾーンのような役割を果たしています。

ハーデスの400,800ゲームのゾーンと
似たようなものだと考えていいと思います。

ゾーンにどれ程の期待値があるかは
また別記事に解析結果を掲載いたします。

天井は1500ゲームとなっていますが、
到達しても特に恩恵はない模様です。

AT『麻雀グランプリ』の概要

  • 1セット配牌チャレンジ獲得分
  • 獲得差枚数管理タイプ
  • 純増は約2.9枚
  • 終了時に引き戻し抽選あり

ATには必ず配牌チャレンジ経由で突入し、
ここで初期ゲーム数(枚数)が決定します。

AT中の上乗せのメインはバトル勝利からの
報酬となります。(直乗せや上乗せ特化ゾーン)

上乗せ特化ゾーンの詳細は以下の通り。

積み棒チャンス

  • 8G+α継続する
  • ベルやレア小役成立で上乗せ&積み棒獲得
  • 積み棒8本獲得で八連荘状態となり、
    以降の上乗せは3桁以上となる。

麻雀RUSH

  • 1セット4Gが50%以上で継続する
  • 成立役が強いほど上乗せに期待できる
  • 絶頂役満RUSHへの昇格あり

絶頂役満RUSH

  • 最も強力な上乗せゾーン
  • 3桁上乗せが75%でループする

麻雀ボーナス

  • 通常時からの7揃いで突入
  • 20〜100ゲームの上乗せ特化ゾーン
  • 選んだキャラによって上乗せ抽選が異なる

さらにAT終了時には以下の引き戻し抽選がある。

やきとりチャンス

  • AT中に上乗せなしバトル勝利なし時の
    1/10で突入する
  • 3桁以上の上乗せが確定する

初代モード

  • パチンコ演出による引き戻しゾーン
  • AT引き戻し期待度は約50%

パトランランチャンス

  • 3桁以上の上乗せが確定する
  • 絶頂役満RUSHへの昇格あり

コメントを残す

サブコンテンツ

サイト運営者

こうへいプロフィール

管理人のこうへいです。

元計算力学解析技術者のスロット解析マニアです。
スロで稼ぎたい人・スロプロは必見の解析をお届けします。

詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

このページの先頭へ