北斗の拳 強敵【北斗乱舞の期待値】上乗せゾーン解析

北斗の拳 強敵©SAMMY

北斗の拳 強敵
上乗せ特化ゾーンである北斗乱舞の期待値が
どれほどのものなのか、解析してみました。
公表値から深く掘り下げます!

  • 北斗乱舞の平均上乗せ・期待値
  • 北斗乱舞中成立役による上乗せ詳細
  • 北斗乱舞期待値は若干控えめ?

詳細は以下をご覧ください。

北斗の拳 強敵 北斗乱舞の期待値

北斗乱舞の概要

1セット7G間に毎ゲーム上乗せが発生し、
30%でセット継続する。

北斗乱舞の性能
AT中北斗乱舞確率 1/2148
平均継続回数 1.43回
平均上乗せ差枚数 370枚
期待枚数 750820枚

※小役確率は実践値を基に解析

北斗強敵の見所である
上乗せ特化ゾーン『北斗乱舞』は、
AT中に1/2148の確率で発生し、
大量出玉のキッカケとなります。

1回でもループ継続するかどうかで
結果は大きく変わる上に
毎ゲームの上乗せ枚数のムラが大きく、
大量上乗せの時もあれば
ショボい上乗せで終わることもあり
総獲得差枚数はかなり荒れそうです。

北斗乱舞中の上乗せ詳細

北斗乱舞中の成立役別上乗せ

北斗の拳強敵 北斗乱舞上乗せ

北斗乱舞中は基本的にレア小役を引くと
50枚以上確定となり大量上乗せに期待できます。

レア小役以外のときの振り分けは
10枚の振り分けが一番多いですが、
20枚30枚50枚100枚
振り分けもなかなか多めなので
レア小役のヒキを除外しても
かなりムラが大きくなりそうです。

北斗乱舞中の小役確率

北斗乱舞中の小役確率は
ちょんぼりすたさんの実践値による数値を
解析条件として設定しています。

参照元:ちょんぼりすた 北斗の拳 強敵 情報まとめ

あくまで実践値での解析となりますが、
北斗乱舞中にレア小役を除外した場合でも
平均上乗せ枚数は約350枚ほどあるので
ほとんど結果に影響はありません。

激闘乱舞の初期枚数

平均上乗せ枚数から期待値を算出するために、
激闘乱舞の初期ゲーム数を仮定しています。

ここで言う初期ゲーム数とは、
上乗せなどを含まないループを含めた
遊戯差枚数を基準にしており、
ATレベルやAT中ステージを考慮して、
ほぼ最低限だと言える継続率と
現実的な振り分けによる継続率から
差枚数200枚〜220枚ほどの範囲で
条件として設定しています。

北斗乱舞に過信は禁物

もともとの激闘乱舞の期待値が低く
北斗乱舞の突入率も軽めなこともあり、
期待値は約800枚程度と
若干控えめな印象です。

出玉爆発の契機としては
北斗乱舞突入よりも高ATレベルの方が
期待値できるのではないでしょうか。

単体のフラグとしては
ATレベル4がダントツで期待値があると思います。