おとめ妖怪ざくろ【天井期待値】徹底解析

おとめ妖怪ざくろスロット©北電子

おとめ妖怪ざくろ
天井狙い期待値です。
公表値から深く掘り下げます!

  • 狙い目とヤメ時は?
  • ゲーム数準拠の天井期待値
  • 期待値は天国ゾーンにある!

詳細は以下をご覧ください。

おとめ妖怪ざくろ 天井期待値

天井期待値テーブル(即ヤメVer.)

おとめ妖怪ざくろ天井期待値テーブル即ヤメ

※値は設定1のもの
※AT後即ヤメ
※ゲーム数準拠(ゲーム数短縮不問)

天井期待値テーブル(天国カバーVer.)

おとめ妖怪ざくろ天井期待値テーブル天国カバー

※値は設定1のもの
※AT後128G抜けヤメ
※ゲーム数準拠(ゲーム数短縮不問)

※転載の際は当記事へのリンクをお願いします

天井期待値テーブルの数値は
ゲーム数短縮分不問のものとなっています。

実際に筐体の液晶に表示される
ゲーム数で参照する場合は
若干期待値が下がります

ゲーム数短縮システムが
どういう仕組みになっているのかが
現状ではハッキリしていないので、
天井期待値(ゲーム数短縮考慮Ver.)は
慎重に解析していきたいと思います。

おとめ妖怪ざくろの天井狙い期待値は
独自に集計した
大量の初当たりサンプルデータを基に解析
しています。

参考:おとめ妖怪ざくろ【サンプルデータ実践値解析】

天国ゾーンの期待値

おとめ妖怪ざくろは天国ゾーンが
非常に強力になっており、
実践サンプルデータでは
データカウンタ上で140G以内に
56%が当選していました。

ゲーム数短縮による影響があるので
これには液晶ゲーム数128G以降での
当選分も含まれています。

128G抜けの天国否定まで回した時の
期待値は約1500円ほどあります。
(データカウンタ上で128G抜け)

実際はゲーム数短縮により早めに
天国ゾーンを抜ける場合があるので、
それを考慮した場合は
さらに高い期待値が見込めます

天国ゾーンが強すぎる影響により
その他の部分の当選率が低いことから、
天井期待値の数値も
初代モンキーターンのように
天国ゾーンの期待値ありきのもの
という特徴があります。

狙い目

参考にする天井期待値テーブルが
ゲーム数短縮不問のものとなっていますが、
初当たりに関して不利になる要素と
天国ゾーンの見切りに関して有利になる要素
がある程度は相殺するので、
誤差はそこまで大きくならないと考えます。

狙い目は750G

天国ゾーンでの当選率が高いことから
消化に平均で約60分ほどかかります。
時間効率は悪いを考えるとそれなりの期待値から
狙っていきたいところです。

ちなみに5.5枚交換での期待値は
ART後の天国ゾーンの持玉比率50%
の条件で算出しています。

ヤメ時

ART終了後は128G天国否定まで

天井狙いも
天国ゾーンを回すために
やるようなものなので、
必ず天国否定まではカバーしましょう。

“おとめ妖怪ざくろ【天井期待値】徹底解析” への3件のフィードバック

  1. えるぷ より:

    天国フォローするか否かでこんなに期待値違うんですねー(°_°)

    • こうへい より:

      天国が強かった代表格の初代のモンキーターンも
      初当たりまでは平均±0くらいでもっていって
      天国ゾーンで期待値が稼げる、
      というような感じでしたからね^^

コメントを残す

サブコンテンツ

サイト運営者

こうへいプロフィール

管理人のこうへいです。

元計算力学解析技術者のスロット解析マニアです。
スロで稼ぎたい人・スロプロは必見の解析をお届けします。

詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

このページの先頭へ