麻雀物語3【天井狙い期待値】徹底解析

スロット麻雀物語3©オリンピア

麻雀物語3
天井狙い期待値です。
公表値から深く掘り下げます!

  • 狙い目とヤメ時は?
  • 先走りパトランランチャンス考慮

詳細は以下をご覧ください。

麻雀物語3 天井狙い期待値

天井狙い期待値テーブル

スロット麻雀物語3天井期待値テーブル

※値は設定1のもの
※AT後即やめ
※パトランランチャンス考慮(仮定条件)

初当たりが極端に重いこと、
機械割りが低いこと、
天井に恩恵がないこと、
という要素が相まって
かなり深いゲーム数からでないと
期待値はないです。

さらに800ゲームの高確ゾーンを抜けている
850ゲーム以上からは期待値1000円付近で
時間効率もあまりよくないので、
ここから追うかどうかは微妙なところです。

期待値テーブルに対する影響は小さいですが、
上記期待値は一応先走りパトランランチャンスを
考慮したものとなっています。

先走りパトランランチャンスの解析詳細は
下記に記載します。

狙い目

狙い目は基本的には1000ゲーム

800ゲームからはゾーンで狙うか打ち切るかは
個人の求める効率で判断してください。

5.5枚持ち玉なしなら1100ゲーム
ないとキツい印象です。

ヤメ時

AT終了後は基本的に即ヤメ推奨です。

一応150Gの天国が存在しますが、
天国の仕様が
150G以上のレア小役で解除となっており、
コイン持ちがいいことを考慮しても
天国の天井は少し深めとなっています。

そして天国移行率も非常に低いです。
(通常A,Bからは3%以下)

モードは天国にいくまで転落なしですが、
通常Cからでも天国移行は20%なので
通常モードの履歴が連続していて、
高いモードが期待できたとしても微妙です。

ただしAT終了後に前兆が発生したりした場合は
CZのストックなどの可能性があるので、
そこだけはカバーしたいところです。

先走りパトランランチャンスの解析

先走りパトランランチャンスは、
通常時に『パトランランポイント』をため、
規定のポイントに到達したときに発動します。

ポイントは基本的によくないことが
起きたときが獲得のチャンスとなります。

その中でも1300ゲームハマリの時は
ポイント獲得期待度が高く、それまでに
ポイントがたまっている期待もあるので
パトランランチャンス発動の契機となりやすいです。

初当たりの実践サンプルデータでは
1300ゲーム以上(特に1300〜1350ゲーム付近)
の当選率が高くなっており、これは
パトランランポイントが規定ゲームに達した
という可能性が非常に高いです。

少なく見積もっても1300〜1350ゲーム間の
初当たりの15〜20%ほどが
パトランランチャンスに当選したと考えられます。

  • 1300〜1350ゲームの15%で先走りパトランラン発動
  • 先走りパトランランの期待値1000枚

以上の条件を解析に適用しました。
実際のパトランランチャンスの出現率は
この条件よりもう少し高いと思いますが、
保守的な条件になるようにしました。

基本的にパトランランチャンスの出現率は
1000ゲーム以降だけでみても少ないので、
天井期待値に対する影響は弱いです。

“麻雀物語3【天井狙い期待値】徹底解析” への1件のフィードバック

コメントを残す

サブコンテンツ

サイト運営者

こうへいプロフィール

管理人のこうへいです。

元計算力学解析技術者のスロット解析マニアです。
スロで稼ぎたい人・スロプロは必見の解析をお届けします。

詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

このページの先頭へ