ドラゴンギャル 双龍の闘い【天井期待値】徹底解析

ドラゴンギャル 双龍の闘い©SNKプレイモア

ドラゴンギャル 双龍の闘い
天井狙い期待値です。
公表値から深く掘り下げます!

  • 狙い目とヤメ時は?
  • 天井期待枚数は若干優遇?
  • 狙い目ゲーム数は見た目が派手!

詳細は以下をご覧ください。

ドラゴンギャル 双龍の闘い 天井狙い期待値

天井狙い期待値テーブル

ドラゴンギャル 双龍の闘い 天井期待値テーブル

※値は設定1のもの
※AT後即ヤメ
※天井期待枚数400枚で解析

※転載の際は当記事へのリンクをお願いします

初当たりが重すぎるせいで
ただの2倍ハマり程度でも
1000Gに達してしまいます。

見た目ゲーム数の派手さと
それに対するプレイヤーの心理状況に
拾い易さが左右されると思われます。

ドラゴンギャルの天井狙い期待値は
独自に集計した
大量の初当たりサンプルデータを基に解析
しています。

参考:ドラゴンギャル【サンプルデータ実践値解析】

天井期待枚数の解析条件

天井の恩恵はAT確定のみですが、
当選契機によってAT突入時の
宝玉のストック数に違いが出てきます。

メインの当選契機であるムイムイチャレンジでは
宝玉を消化しながらAT抽選をしますし、
ムイムイチャレンジスルー天井での当選では
宝玉ストックが無い状態となります。

よって天井到達時は比較的
宝玉のストックが多めの状態
ATに突入しやすいと予想されます。

上記の天井期待値テーブルでは
通常AT当選の平均期待枚数375枚に対して
天井当選の平均期待枚数400枚として
天井期待値を解析しました。

狙い目

狙い目は基本的には1100ゲーム

相当深く感じると思いますが、
初当たりが重すぎるだけで
実際はそれほどはハマっていません

ただし狙い目は1000G以上の大台となるので
当日ハマりなどはかなり目立つことになります。

初当たりが重いのでやはり
消化時間が長くなりがちなので
しっかり期待値があるところから狙いたいです。

また、期待値は宝玉ストック不問のものなので
宝玉のストック数次第では
もう少し浅めから狙っていくことができます。
ただし裏を返せば宝玉ストックが無ければ
不利になる可能性もあるので注意しましょう。

5.5枚持ち玉なしなら1200ゲーム

ヤメ時

AT終了後は基本的に即ヤメを推奨

初当たりのサンプルデータからも
150Gまでの当選率が低いことが確認されています。
浅めのゲーム数をゾーンで打ってしまうと
設定1の機械割よりも悪い結果となるので
できるだけ浅めを打つことは避けましょう。

“ドラゴンギャル 双龍の闘い【天井期待値】徹底解析” への1件のフィードバック

コメントを残す

サブコンテンツ

サイト運営者

こうへいプロフィール

管理人のこうへいです。

元計算力学解析技術者のスロット解析マニアです。
スロで稼ぎたい人・スロプロは必見の解析をお届けします。

詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

このページの先頭へ