バイオハザード6【天井恩恵・スペック】徹底解析

バイオハザード6スロット©エンターライズ

バイオハザード6
天井恩恵・スペック徹底解析です。
公表値から深く掘り下げます!

  • 天井ゲーム数と天井の恩恵は?
  • ARTの当選確率・期待枚数
  • ART当選までの仕様と概要

詳細は以下をご覧ください。

バイオハザード6 スペック解析結果

基本スペック
機械割 97.58%
コイン持ち 約40G/50枚
ART純増 2.3枚/G
当選確率
ART当選確率 1/336
ボーナス確率 1/1024
(ART+ボーナス)合算 1/253
ボーナス非経由ART確率 1/401.9
(ART+ボーナス)初当たり合算 1/288.6
平均期待枚数
平均投資枚数 361枚
ボーナス期待枚数 150枚
ART平均期待枚数 335枚
天井情報
天井ゲーム数 99G or 999G
天井恩恵 ART確定

※値は設定1のもの
赤字は解析値

バイオハザードシリーズの続編。

新基準機ということもあり、
コイン持ちが非常にいいです。
その影響でART1回辺りの期待枚数は
若干少なめとなっています。

前作同様に小役履歴が
連続すればチャンスとなるようです。
前作のウロボロスモードにあたる
ジュボアモード(レア小役確率上昇状態)は
通常時・ART中の両方に搭載になったようです。

前作との大きな違いはボーナスがあること

当選確率は1/1024と重たいですが
150枚獲得できる上に
ART期待度も約50%と高めとなっており、
初当たりがART・ボーナスどちらでも
期待枚数はほとんど変わりません。

ちなみにARTの純増2.3枚
ボーナス込みでの数値となっています。

ART突入契機の概要

ARTである『ハザードラッシュ』の突入契機は
自力CZからがメインとなっており、
その他ではボーナス中の抽選や
ART直撃抽選から突入します。

自力CZは『ハザードバトル』と
パニックゾーン』の二種類があり、
前者がメインとなっているようです。

ハザードバトル

  • 10G +α 継続
  • 小役でミッションを抽選し、クリーチャー撃破でART突入
  • 10G以降は転落抽選が行われる
  • ART期待度約35%

パニックゾーン

  • 20G or 無限継続
  • プチフリーズ発生でART突入
  • ART期待度約60%

エイダボーナス

  • 通常時に当選するボーナス
  • 獲得枚数約150枚
  • 小役でランクアップ抽選
  • バトルに勝利でART突入
  • ART期待度約50%

AT『ハザードラッシュ』概要

  • 1セット50G
  • G数上乗せ・ボーナス抽選
  • AT純増2.3枚

突入時にサブ液晶にも7が揃えば
特化ゾーンなどの恩恵あり状態で
ARTがスタートします。

ゲーム数上乗せ時は今作も
多様なパターンの増殖変異
発生する可能性があります。

ART中はリプレイの一部で培養レベルが上昇し、
MAXのレベル5になると
リプレイがレア小役に変化する
クリザリッドシステム
ART復帰ゾーンであるダイイングゾーン
が搭載されています。

特化ゾーンとしては前作からお馴染みの
エピソードシューティングバーストや、
新しい特化ゾーンも追加されています。

クロスオーバーエピソード

  • ART中に当選する擬似ボーナス
  • 27G継続
  • 消化中はARTのゲーム数減算がストップ
  • 消化中に画面が割れると上乗せ特化ゾーンなどに突入

マーセナリーズ

  • 20G +α継続
  • 消化中はベル・レア小役でポイント獲得
  • 総獲得ポイントに応じてゲーム数上乗せ

シューティングバースト

  • BAR揃いなどから突入
  • END表示まで毎ゲーム上乗せ
  • 武器によって上乗せ期待度が変化

エクストラボーナス

  • ART中に当選するボーナス
  • 獲得枚数約150枚
  • 小役でゲーム数上乗せ抽選
  • BAR揃いでシューティングバースト獲得

プレミアムハザードラッシュ

  • ゲーム数66GからスタートするART
  • エピソード10話コンプリート確定

天井恩恵について

天井の情報は今のところ
999GでART当選のみです。

前作では次回天国が恩恵としてありました。

今回そのような恩恵が無く
天井でART当選のみとなると、
期待枚数の少なさもあるので
天井狙いの期待値は取りづらそうです…。

コメントを残す

サブコンテンツ

サイト運営者

こうへいプロフィール

管理人のこうへいです。

元計算力学解析技術者のスロット解析マニアです。
スロで稼ぎたい人・スロプロは必見の解析をお届けします。

詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

このページの先頭へ