アラジンA2【スペック】徹底解析

アラジンA2
©sammy

アラジンA2スペック徹底解析です。
公表値から深く掘り下げます!

  • 基本的なスペック
  • AT・CZの概要
  • AT突入時の期待枚数

詳細は以下をご覧ください。

アラジンA2 スペック解析結果

基本スペック
機械割 97.2%
コイン持ち 28.0G/50枚
AT純増 2.7枚/G
当選確率
AT初当たり確率 1/390.3
CZ試練の塔確率 1/228.1
CZマジカルチャンス確率 1/1021.4
平均期待枚数
AT初当たり期待枚数 643枚
天井情報
  • AT間1400G+前兆
  • アラジンボーナス確定

※値は設定1のもの
赤字は解析値

アラジンA2は初当たりは重く
コイン持ちも悪いのが特徴となっています。

その分AT当選時の期待枚数は多く
約640枚の獲得が見込めます。

AT当選のメイン契機は
CZからの当選となっています。

ただしAT終了後に突入する
高確率ゾーンはCZ非経由で
ATに当選するチャンスゾーンとなっています。

この高確率ゾーンによる引き戻しが
実質この機種の連チャン継続パート
になっているという具合です。

天井の恩恵もそこそこ強く、
アラジンボーナスが確定し、
上乗せ特化ゾーンである
スーパーアラジンチャンスも確定するので
期待獲得枚数も高そうです。

天井の期待枚数や天井狙い期待値は、
また別記事にて掲載します。

AT『アラジンチャンス(AC)』の概要

  • 1セット50G
  • 純増は約2.7枚
  • 引き戻し抽選あり

AC中は主にラムサス団バトルからの
上乗せ特化ゾーン獲得を目指す。

主な上乗せ特化ゾーンは、

スーパーアラジンチャンス(SAC)

  • 10〜20Gの基本ゲーム数の上位AT
  • 消化中に単チェリー成立で
    次回にセット継続する。
    継続確定後も残りゲームを消化でき、
    それ以降の単チェリーで宝箱獲得
  • 宝箱獲得でACのゲーム数上乗せ又は
    SACの基本ゲーム数がプラスされる。
  • SAC中は単チェリー確率が約1/10となり、
    基本ゲーム20G時の継続率は約90%

アラジンボーナス

  • 赤7揃いで突入し、30G継続する。
  • 突入時点でSACが確定し、
    消化中に単チェリーで宝箱獲得となり
    SACの基本ゲームが加算されていく。
  • ボーナス中の単チェリー確率は約1/8

お宝RUSH

  • 金7揃いで突入し、8ゲーム継続
  • 消化中は毎ゲームレア役か赤7揃いとなり、
    毎ゲーム宝箱を獲得できる。
    宝箱の中身は以下の通り
  • 連チェリー成立でACゲーム数上乗せ
  • 単チェリー成立でSACストック
  • 中段チェリー・赤7成立でアラジンボーナス

CZ『試練の塔』の概要

AC突入のチャンスとなる
チェリー高確率ゾーン。
10G間継続し、最低2セット継続する。

セット継続時とレア小役成立で
ステージアップ抽選が行われ
上位のステージ程AC期待度が高くなる。

AC期待度は約50%

ちなみに設定1で10%の引き戻しがあります。

CZ『マジカルチャンス』の概要

15G間継続し、小役成立で雷玉を獲得。

雷玉7つでAC確定となり、
確定後は小役でACゲーム数を上乗せできる。

最終ゲームで雷玉が7つ以下でも
雷玉数に応じてACの抽選が行われる。

AC当選期待度は約66%

コメントを残す

サブコンテンツ

サイト運営者

こうへいプロフィール

管理人のこうへいです。

元計算力学解析技術者のスロット解析マニアです。
スロで稼ぎたい人・スロプロは必見の解析をお届けします。

詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

このページの先頭へ